アツシマンダイβ

学びながら、ゆるくアウトプットします。

「貯金がない生活」を解決する方法

      2017/11/30

先日、このような記事が上がっていました。

貯金ゼロが5人に1人!?30万以下は約半分!浪費女子の実態、共感できる・できない?

これはMarkezineさんというマーケティングメディアの記事なので、こういう属性の人たちがいるという話をなのですが、実際に日本の貯蓄率は下がっています。

ガベージニュース様より)

実質賃金が下がっている、貯金しても金利がつかないのでインセンティブがない等、さまざまな要因がありえそうですが、そうはいっても最低限の貯金はないと不安だという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は貯金の意味や、実際に貯金をする方法について、整理してみたいと思います。

貯金の意味

いざというときの生活防衛費

貯金をしておく最大の意味は、ある日、突然に怪我をしたり、会社を辞めたりして、数ヶ月働けない、といった「いざというとき」のためでしょう。

この場合には、老後と違って年金を受け取ることもできません。貯金をしておかなければ、借金をすることになってしまいますが、不動産のような資産を買うための借金と、日常生活で消費するための借金は、負債と対になる資産が残るか残らないかという意味で、大きな差があります。資産の残らない借金は、可能な限り、避けるべきです。

それでは、いざというときの生活防衛費は、どのくらい用意しておけば良いのでしょうか。

これは人それぞれですが、一般的には最低でも半年間、多くて2年間ほどの生活費があれば安心だと言われています。月に20万円で生きている人なら、半年分で120万円、2年分で480万円です。

老後の資金

こちらも貯金の理由としては一般的なのではないでしょうか。

若いうちは給料も低く、将来のための自己投資も必要なので、若いうちから老後のためにせっせと貯金する必要はないですが、意識しておいても損はないでしょう。

これも何歳まで働くかといった人生プラン次第なので、一概には言えませんが、年金があることを前提として、少なくとも3,000万円、ゆとりある生活のためには4,000万円が必要だと言われています。

平均寿命が延びていくことや、年金の不確実性を考えると、3,000万でも充分ではないかもしれませんが、その場合は働き続けるしかないと思うので割愛します。

ということで、まずは生活防衛費として120万円、将来的には老後資金として3,000万円というのが、ひとつの目安となることが分かりました。

当面の間は、生活防衛費(120万円等)を超えた部分については、投資に回して運用すると良いでしょう。

貯金をする方法

それでは、どのようにして貯金をすれば良いのでしょうか。

貯金ができない方にオススメなのは、貯金用口座と日常の口座を分けて、給与から天引きする方法です。

口座を分ける意味

お金には色がついていないので、一つの口座で管理していると、貯金用のお金でも、ちょっとした誘惑に負けて簡単に使ってしまいます。

また、月に数十万円が振り込まれる口座で、コツコツと数万円を貯金していくのは、管理上も難しいでしょう。

そのため、貯金用の口座は必ず分けた方が良いです。

貯金用の口座は銀行口座でも証券口座でも問題ありませんが、個人的には証券口座がオススメです。

証券口座では、顧客から預かった資金を信託銀行に預けて分別管理しているため、証券会社が潰れても顧客の資金は安全に保管されています。これは銀行の場合とは大きく違います。また、証券口座が開いてあれば、投資チャンスを逃しません。

天引きで貯金する

口座を分けたら、毎回給与が振り込まれるたびに、最初に貯金額を貯金用口座に移します。

これで、日常の口座に入ってる分は、次の給与までに全部使ってOKです。

この管理方法、あまりにも有名ですが、めちゃくちゃ簡単で強力な貯金方法です。

◯万円残すように使っていくという方法だと、意志力の強い人間でも、どうしても誘惑に負けて使ってしまいます。意志力や努力ではなく、仕組みで貯金するのが吉です。

口座を分ける&最初に貯金額を移してしまう、という二つの方法で、これまで貯金できなかった人の大部分が貯金に成功するのではないかと思います。

貯金目的のイメージを持つ

貯金もしくはその資産を運用していくときに大切なのは、将来をイメージすることです。

たとえば将来的に一億円の資産を持つことを目標にしてもいいでしょう。貯めたお金を、こういうことに使いたいというイメージも、日頃の貯金の継続を助けます。

僕は将来的にアートを収集したり、ビジネスに限らず、何かを企む若い人にお金を出したりしたいと思っています。さらにいえば、将来、自分自身でガンガン手を動かしたりできなくなったときには、お金を出すという立場で面白いことに巻き込まれたいと思っています。

貯金ができたら投資をしよう

貯金ができたら、生活防衛費を超える分については投資で資産運用をすることで、さらにお金を増やすことができます。

投資をすることで、世の中について学べることもたくさんあります。

最終的には自己判断ですが、検討してみてはいかがでしょうか。

投資といっても調べ物をする時間もないからなぁという方は、こちらを読んでみてください。

時間がない人が投資で副収入を得る方法

 - 資産形成