アツシマンダイβ

学びながら、ゆるくアウトプットします。

上昇を続けるビットコインを買うタイミング

   

ビットコインが、ついに100万を超えたと思ったら、上昇が止まりません。

100万円の前では押し目があると思っていた人たちが仕方なく買っていたり、ショート勢のカバーが入っている可能性もあるでしょう。

今回は、このような上昇を続けるビットコインを買うタイミングを考えてみたいと思います。

バリュー投資とモメンタム投資

買うタイミングを考慮するにあたって重要なのは、バリュー投資をしようとしているのか、モメンタム投資をしようとしているのか、という点です。

バリュー投資というのは理論だけなら簡単で、本質価値が100円のものが、たとえば80円で売られていたなら、安いから買うべきだよねというだけの話です。難しいのは本質価値をどう計算するかという部分ですよね。

モメンタム投資は、みんなが買っていて、買いの勢いがあるのなら、その上昇に飛び乗ろうという考え方です。当然モメンタムが出来てくる初期から乗っていれば乗っているほど、儲けは大きくなります。

ビットコインはモメンタム投資

さて、結論から書いてしまいましたが、ビットコインはバリュー投資かモメンタム投資かといえば、モメンタム投資です。

なぜならビットコインの本質価値は計算しようがないからです。

もしも、ビットコインを通貨として用いている実体経済があるのなら、ビッグマック指数ではないですが、ある程度の正当な為替レートは短期的に見えてくるかもしれません。

しかし、ビットコインは現状において、決済手段としては非常にお粗末です。ブロックサイズが小さいために、トランザクションのコストは高く、決済も遅いです。

つまり、少なくとも今のところは、ビットコインは日常の消費経済と結びついておらず、ゴールドのような性質を持っているのです。

使われているとすればICOの振込のために使われているくらいです。

そんな状況なので、ビットコインにバリュー投資をすることは、ほぼ不可能であり、基本的には上昇していく価格に飛び乗るモメンタム投資しかありえないと考えられます。

押し目待ちに押し目なし

相場の世界には、「押し目待ちに押し目なし」という格言があります。

この格言は、上昇がひと段落して、下落する調整が入る「押し目」を待っているときほど、そのような押し目もなく価格が上がっていくということを言っています。

考えてみると、不思議なことではなく、押し目を待ってる人が多い状況では、押し目らしい押し目まで調整する前に、買い始める人たちが出てくるので、浅い調整で終わり、また価格が上がっていきます。

そのため、モメンタム投資で、上昇が続いているときには、買いのタイミングを待つのではなく、勢いに身を任せて、えいやっ!と飛び乗るしかありません。

逆に、本当に価格が下がり始めた場合には、上昇のモメンタムが失われていることを意味しますから、すぐに飛び降りなければいけません。本質価値が分からないものが、高値からある程度下がったからといって、割安だ、などと言い出すのは、自分がどういうトレードをしているか分かっていない証拠です。

モメンタムには飛び乗る。ただ、その代わりに、ロスカットの基準を決めておき、しっかりとリスク管理をすることが大切です。

たとえば「10万円なら損しても仕方がない」と思っているなら、100万円を投資したら10%下落したところでロスカットします。 Bitcoinだと10%程度は平気で動いてしまうので、もっとロスカット基準を下げたいという場合は、50万円を投資して20%下落したらロスカットするというのでも大丈夫です。

 - トレーディング