アツシマンダイβ

学びながら、ゆるくアウトプットします。

米消費者物価指数(CPI)でアメリカのインフレ率を確認する方法

      2017/11/26

米消費者物価指数(Consumer Price Index)はアメリカのインフレ率を見るうえで、とても大事な指標です。

米消費者物価指数とは

アメリカのインフレ率をチェック

アメリカの個人が購入する様々な商品やサービスの価格を加重平均したもので、アメリカの労働省労働統計局が発表しています。

具体的には、交通や食品、医療品などの各カテゴリの価格変動をそれぞれの重要さを加味して平均します。個人の生活に身近な物価の変化を見る指標であるため、インフレかデフレかを確認するうえで利用されます。

 

米消費者物価指数の見方

元データは労働省労働統計局のウェブサイトを確認

上にも記載した通り、元データは労働省等労働局のウェブサイトで、テーブルデータのページから、以下のようなPDFが手に入ります。

消費者物価指数(CPI)

一番左にカテゴリが書かれており、その右にはそれぞれのカテゴリの重要度が記載されています。

その右には、それぞれ未調整の前月の数値と今月の数値が記載されています。

さらに右を見ると、未調整の数値で前年比と前月比が記載されています。

そして、一番右には調整済みの数値で前月比が3か月分、載っています。

FX会社などのウェブサイトを見る

細かい項目までは見なくてもいいよという場合、消費者物価指数(CPI)はFXなどでも注目の集まる指標であるため、FX会社などをウェブサイトにも掲載されていることが多く、簡単に確認できます。

みんなの外為にも米・消費者物価指数(前月比/前年比)のページが用意されており、過去の数値や推移を見ることができます。グラフにカーソルを合わせると、予想と結果を両方とも確認することができます。

CPIのグラフ(外為.com)

 

消費者物価指数は載っていませんが、50の指標について見方と活用方法が解説されています。手元に一冊あるといいですね。

 - 消費に関する指標, 経済, 経済指標, 金融・経済